So-net無料ブログ作成
検索選択

Which Witch? / 引っ越し

すみませんっ。
報告がかなーり遅くなったのですが、
数年前にトレーディングカードとして展開していた「Which Witch?」が桜の社文庫から小説版として発売しております。
興味のある方は是非手にとってみてください。

keg0621.jpg

表紙イラストは随分前に描いた物なので、私的にはちょっと懐かしい感じではありますが・・・w
(2巻の表紙は新規描き下ろしになる予定です)




あとその他の仕事としましては、
やはり最近はソーシャルゲーム関連の仕事が多く、
バリバリイラストこなしてます。
でも、どうにもこの手の仕事は、いつ頃報告して良いのか困りますね・・・。
実装する前に報告するのもよくない気がしますし、いつ頃実装するのか知る手段もあまりないですし・・・。

他にもラノベのお仕事もやりつつ、相変わらずエロゲのCG着色なんかもやってるので、
名前を見かけたらよろしくお願いしますw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近況としては、
来月末に愛媛に帰ります。

一時的な帰省ではなく、14年ぶりに生活基盤そのものを愛媛に戻します。

以前にも、そんなことを考えてる事はちょろっと書いた気もしますが、

フリーランスになって6年、
最近はもう電話とインターネットで仕事が完了してしまい、
打ち合わせが必要な仕事はほとんど無く、あっても顔合わせ程度だったりするので、
「別にこの仕事、関東に居る必要無いんじゃね?」
って思いが日々募っていった結果という感じです。
(イベントにもそれほど出る方ではないですし)

年齢的にも、もうそろそろ関東に根を下ろすのか地元に戻るかを決める頃合いだとは思ってて、
そこへ今年1月、2人目の祖父が亡くなった事もあり、
やはり親戚縁者が集まってる場所の方が将来的に色々都合が良いとしみじみ感じ、
仮に今戻らなかったとしても、多分今後ずっと戻るかどうかで悩み続けると思うので、
だったら早いところ行動に移した方が良いと思い至ったワケです。
(一応、本家の長男ですしね・・・・)
災害の多い日本、どこにいても100%安全とは言えないですが、
やはりいざというときに家族や親戚が近い方が良いかな? と思いますし。

もちろん、関東を離れることでのデメリットもありますが、
なんとか地元で頑張ってみようと思います。

高い家賃を払って関東に居続け、お盆や正月に高い金払って数日間帰省するくらいなら、
逆に、用事がある時だけたまの旅行気分で関東に出てくる方が気分的にも楽かな-・・・と、
今はそうプラス思考で考えてます。
(駄目だったらあっさり関東に戻ってくるかもしれませんがw)


今のところ、仕事は今まで同様に続けるつもりです。
仕事の規模にもよりますが、打ち合わせが必要な場合は上京することも可能ですので、
もしここをご覧になってる企業様が居ましたら、遠慮無くご相談ください。




ちなみに、すでに愛媛での部屋は決まってて、
家賃は今より安くなった上、一部屋増えて駐車場付きという、(車持ってませんが)
さすがは地方という感じですw
でもさすがにこの距離の引っ越しとなると、引っ越し代金だけでも結構な額になるのでゲッソリしてますが・・・。
(単身にしては荷物多いのですよ・・・・)

とりあえずあとは一ヶ月かけて準備と、手持ちの仕事を一段落付けるのみです。
頑張らねば・・・・。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

赤城蒼龍

帰省とかすると愛媛の田舎っぷりにブッたまげてしまいます。
愛知もソレな炒り煮田舎だとは思いますが愛媛に比べたら格段に便利
自分はもう愛媛には戻れませんね・・・
まぁウチの場合本家が崩壊状態なので考えるまでもないのですが。

>最近はもう電話とインターネットで仕事が完了してしまい

それにしてもネット環境がとんでもなく進歩しましたねぇ
自分があっちに居た頃はそういう事が出来るようになって愛媛からでも仕事ができるように、なんて想像すらできなかったです。
by 赤城蒼龍 (2013-06-28 20:24) 

KeG

>>赤城蒼龍さん
愛媛に戻ってそろそろ1ヶ月ですが、
多少の不便さはあるものの、もう慣れてしまいましたw
こういうのはどこに行っても「住めば都」ってなりますよねw
実際埼玉でも今以上に田舎な所に住んでたことありましたし・・・。

確かに最近はインターネットがあれば割りとどこでも仕事できるようになりましたよね。
とくに私のようにデジタルなお仕事は・・・。
とはいえ、関東で得た人脈というのもありますので、
埼玉で過ごした14年間が無駄だったとは全く思わないです。
良くも悪くも色々と貴重な経験もしましたしねw
by KeG (2013-08-23 15:12) 

匿名

始めまして。
食玩の方が未完で終わってサイトも消滅していたので、ラノベがいつのまにか出ていたとは知らなかった。二巻以降は続刊しないの?二巻目で終わり?四弾はもっと集めるべきだったと後悔。
by 匿名 (2013-11-24 23:04) 

KeG

>>匿名さん
返信がやたら遅くなってしまい申し訳ありません。
カードでの展開が中途半端で終わってしまった感があったので、
こういう形として再度世に出せたことにほっとしております。
(私以上に企画の著者様が・・・)

カードの方はもう何年も前のお仕事なので、
今見ると結構こっ恥ずかしいですけどね・・・w
by KeG (2014-03-13 21:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。