So-net無料ブログ作成

自覚 [絵]

「KeGさんはもっと自覚すべきだ」
昨日、以前勤めてた会社(今は無きR社)での後輩3人が訪ねてきて、
居酒屋で飲みながら話してる時にそんなことを言われる。

どうやら、私が私自信を評価してないことに、端から見てて引っかかる物があるらしい。

その程度のことは絵描きに限らず誰にでも大なり小なりあることだとは思いますが、
(むしろ自分で自分を過剰に評価してる方が恥ずかしいと思いますし)
私の場合その態度が「謙虚」を通り越して「卑屈」になってるようで、
返って失礼に見えることもあるとのこと。


うーん・・・、難しいもんだ・・・・。

でも実際、私は描けない物や苦手な物、下手な部分も沢山ありますしデッサンもよく崩れる。
絵で仕事をしてる以上、その辺りはできるだけ誤魔化しているだけで、
多分、周りが見てる以上に、私は私のダメな部分を知ってるわけで、
そこは綺麗な部分しか見てない(見えてない)周囲と同じ評価で自分を見るなんてなかなかできません。
もっと若い頃は、自分のダメな部分が見えて無く、無駄に自信があった時期もありましたが・・・。
(いや、見えていたけどそれを「個性」とか「こだわり」などと都合良く解釈してた気もします)

そういう意味では、私は私自身をそれなりに冷静に分析できてるとは思っています。
むしろ、まだ自分が気づいてないダメな部分が沢山あるとも感じてます。

もちろん、後輩を始め、私を評価してくれてる事は非常に嬉しいことですが、
私がそれら全てを鵜呑みにするのはちょっと抵抗があります。

ただまぁ、必要以上に卑屈になるのはちょっと注意しておこうかと思います。
(こうした文章を書いてる事自体が卑屈な行為なのかもしれませんが・・・・)


子供の頃とか、絵で賞をもらって親に報告すると、
一応褒めてくれた後に、
「でも、世の中には上がいくらでもいるんだから、調子乗ったらいけんよ」
と必ず釘を刺されたので、良くも悪くもその名残なのかもしれません。
(それだけ子供の頃の私は調子に乗りやすい性格だったのでしょうけど)




あと関係無いですが、何年か前に後輩に貸していて私もスッカリ忘れていた、
「ボブの絵画教室」を録画したビデオが返ってきました。

もうビデオデッキが無ぇよ・・・・。

久しぶりに見たいんだけど・・・、DVDボックス買うかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。